2010年の改正貸金業法によって総量規制が導入されました。多重債務者が社会問題になってから多重債務者を作らない、または金融業者の過剰な貸付を防止するために導入された制度です。総量規制の導入によって消費者金融を含む貸金業者は顧客に年収の三分の一を超える貸付をすることはできなくなりました。カードローンのサービスを提供するのは銀行と貸金業者ですが、同じカードローンでも銀行は銀行法によって規制されますが、銀行法には総量規制の規定はありませんから、銀行の提供するカードローンは総量規制の対象外となっています。銀行のカードローンは総量規制を理由で審査が通らないことはないということになります。

総量規制は法的な規制であるので、貸金業者が総量規制の金額を超えた貸付を行うことは一部の例外の貸付を除いては実施することはできません。これだけを見れば銀行のカードローンは総量規制がない分において申し込みがしやすいように感じますが、銀行のカードローンの審査は貸金業者のカードローンの審査よりもかなり厳しくなっていますので、総量規制の対象外であるからという理由だけで銀行のカードローンは利用しやすいというわけではありません。