カードローンの返済期日が過ぎてしまった場合の流れをご紹介します。

まず、銀行カードローンを契約しているという事は、あなたは銀行に対しては『銀行ローン規定』、保証会社とは『保証契約約款』の2つを結んでいると思われます。

銀行カードローン規定には契約期間が大体5年と記されていますが、返済期日が過ぎたという事はこの契約期間は喪失するとも書かれているでしょう。

また合わせて契約期間が喪失したの他に、契約期間が喪失した場合は全額返済する様に書かれており、全額返済ができない場合には保証会社への代位弁済を受ける事に対しては異議を出さないとも書かれていると思います。

つまり、返済期日がうっかり過ぎたという事は、規定、約款上契約は喪失して、あなたは全額返済をしなければいけません。無理な場合は、保証会社があなたに代わって代位弁済してくれますので、保証会社に債務を支払い続け、実質あなたはまごう事なき金融事故者として信用情報機関に登録され、ブラックリストの状態で全てのローンが組めなくなり、かつ既存のローン全て契約に則り全額返済をしなければいけません。出来ない場合は自己破産以外無いでしょう。

と驚ろかしましたが、基本的に1日程度の1回程度うっかりなら契約書上は保証会社に代位弁済を求めて終わりと書かれていますが、大目に見てくれます。ただし、何回も遅れたり、3ヶ月以上延滞すれば、完全に焦げ付きますので安易な延滞は絶対控えてください。